高齢出産のリスクとは~今から覚えておきたい知識~

皆さん、こんにちは!

道産子グータラ主婦の“優子”です!

さて、以前に高齢出産の記事で、高齢出産だからといって急激にハイリスク出産になるわけではない…と、ご説明させていただきました。

しかしながら、やはり20代のママさんと比べると、30代・40代での出産は、多少なりともリスクは高くなるのは確かなことなのです。

医学的には35歳以上の女性が妊娠・出産をすることを「高齢出産(高年出産)」と呼びますが、もしも皆さんの中に35歳以上のママさんがいましたら、そのリスクを今から把握しておき、ある程度の覚悟が必要なこともあると思います。

もしかすると、こちらでご紹介する情報は、高齢出産をする妊婦さんが不安になってしまう可能性があるかもしれませんが、不安を解消できるような情報もありますので、是非目を通してくださね。

ちなみに、今回は私も36歳で出産しますので、高齢出産となります。

赤ちゃんの生命力を信じ、一緒に不安や心配を乗り越えていきましょう!

高齢出産のリスク1:流産

koureisyussan-risk-1

34歳以下の妊婦さんの自然流産の確立は、約10%~15%。

しかし、35歳以上になると、流産の可能性が約20%となります。

残念ながら流産の予防策は無く、若い方でも10人に1人は流産を経験しているということがわかっています。

高齢出産のリスク2:先天性異常

35歳以上での妊娠となると、胎児の先天性異常の発症率が高まることがわかっています。

先天性異常の発症率の上昇確立は、以下の通りです。

 

『35歳~39歳』→2.02%

『40歳以上』→2.38%

 

加齢により、胎児の先天性異常の中でも多いのが『ダウン症』と呼ばれる障がいです。

《ダウン症の診断時期》

koureisyussan-risk-2

出産前検査をすることで、妊娠中に判明することが非常に多くなっています。

しかし、羊水検査などはリスクも大きいため、ほとんどのママが出生前検査を受けることを拒否するのが現状。

ですので、出産前検査をしない限り「赤ちゃんが産まれてから」の診断になります。

多くの場合は、赤ちゃんが産まれてから数週間後~数ヵ月後に判断されることが多いとされています。

ちなみに私は第1子の時、出産前検査をせずに出産しました。

しかし、息子を産んだ翌日にはすぐに不安になり、助産師さんに「ダウン症とかではないですか?」とストレートに質問しました。

助産師さんの答えはこうです。

「確定はまだできないんだけどね…だいたい産まれてすぐにダウン症の場合は先生が気づくよ」

「優子さんの赤ちゃんは大丈夫だけどね、ダウン症の子ってすごく特徴があるのよ…」

このような回答でした。

医師も責任がありますので、「可能性がほんの少しある程度では母親に告げない」のでしょう。

万が一、医師の勘違いだった場合は、余計なストレスをママにかけることになってしまいますので。

参考までに、ダウン症の特徴をいくつかご紹介します。

  • 鼻が極端に低い
  • 目が吊り上がっている
  • 新生児のうちにパッチリとした二重まぶた
  • 耳の位置が低く丸まっている
  • 舌を出している動作が多い
  • 首が短く太い
  • 指が短い
  • 身体がフニャフニャで柔らかすぎる
  • 母乳の吸いつきが悪い
  • 泣き声が弱く小さい

※ダウン症は、『軽度』『平均』『重度』と分類されるので、全ての項目があてはまるわけではありません

高齢出産のリスク3:帝王切開になることがある

koureisyussan-risk-3

年齢が上がると同時に、女性は産道が硬くなり、骨盤も開きにくくなってきます。

医師の判断により、「お産に時間をかけるよりも帝王切開したほうが良い」とされた場合は、「予定帝王切開」、あるいは「緊急帝王切開」となる場合があります。

帝王切開につきましては、また次の機会に詳しくご説明させていただきますね。

自分の子が障がい者だと不幸ですか?

妊婦にとって、「お腹の赤ちゃんが五体満足で健康に生まれますように」と思うことは、ごく自然なことです。

私だって、いつもいつも毎日そう願ってマタニティライフを送っています。

高齢出産のリスクを考えると、「もしも赤ちゃんに異常があったら…」と不安になってしまうものですよね。

「もしも自分の子が五体満足ではなかったら?」

少しだけ想像してみてください。

それは、本当にあなたにとって不幸なことなのでしょうか。

そして、子どもにとっても不幸なことなのでしょうか?

 

私の尊敬する人の一人に、『乙武洋匡』さんという方がいます。

koureisyussan-risk-4

大ベストセラーにもなった『五体不満足』の著者である乙武さん。

超有名人ですが、ご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんので、拙いながも私から紹介させてください。

乙武さんは『先天性四肢切断(生まれつき両足と両腕がない)』という障害をお持ちの方です。

しかし、持ち前のバイタリティと行動力、そして根っからの努力家で、早稲田大学経済学部を卒業し、教員免許取得。

現在は作家活動だけではなく、スポーツライターやタレントとしても活躍中です。

私は何度も何度も五体不満足を読ませていただきましたが、乙武さんのこの言葉がいつも胸に響いています。

 

「障害は不便です。しかし、不幸ではありません」

 

そして、屈託のない表情で「僕は障がい者だけど、毎日楽しいよ」とおっしゃっていたのが印象的です。

ご自分の障がいのことを自虐的ではなく、ユニークな笑いに変える明るさ…私はそんな乙武さんが大好きなのです。

ツイッターなどで、フォロワーにけっこう過激な発言をすることでも有名ですよね。

《乙武さんのツイッター発言集》

■その1

フォロワー「乙武さんはサッカーに詳しいですが足があった頃はサッカーしていたんですか?」

乙武「これって、多分ガチ質問だよね。俺、生まれた頃から足があったことないんだ(^^)」

■その2

フォロワー「テストが難しくて手も足も出ない状況のことを友人が“乙武状態”と言っていました」

乙武「(その言葉を)流行らせろ。いいか、全力でだぞ」

■その3

フォロワー「犯罪犯したとき、どこに手錠かけるの?」

乙武「警察に聞けよ」

 

とにかく明るい!

とにかく毎日楽しそう!

とにかく…本当に幸せそうな方。

過激な発言も多いので、ツイッターが炎上してしまうこともしばしばある乙武さんなのですが、私は本当にこう思うのです。

 

「自分の子どもが障がいを持っていても、乙武さんのような生き方をしてくれるなら素敵」

 

綺麗事だと感じられる方もおられるかもしれませんが、これは紛れも無く私の本心です。

もしも、ご興味のある方がいらっしゃいましたら、一度乙武さんの「五体不満足」を読んでみてください。

少なくとも、私はこの本を読んだことでポジティブ思考になり、子どもが五体満足で産まれなかったら…という不安な気持ちが、「どうやって楽しく育児をしようか」という気持ちになりました。

 

今回は、ちょっとシビアなお話になってしまいましたが、高齢出産のママさん!

一緒に頑張りましょうね!