働くママさん頑張って!産休と育休の申請時期についてのお話

皆さん、こんにちは!

道産子グータラ主婦の“優子”です!

さて、現在では多くの家庭で、夫婦共働きというスタイルが増えてきていますよね。

年功序列でお給料が上がる時代は終わり、ボーナスももらえるか定かではない…そんな収入面での不安を抱えて働いているママさんが多いことでしょう。

「夫の給料さえ良ければ家で家事をしていたいのに…」

私の友人もよく愚痴っていますね。

しかしその反面、「働きたくて仕方のない女性」という超パワフルな女性もいます。

男性を脅かす勢いで働く女性…いわゆるキャリアウーマン的な女性や、「やりたいことをやろう!」と企業しちゃうような女性社長さんも注目されていますよね

そ・し・て…

どっちつかずでもない私…在宅ワーカー“優子”の参上です!

会社に報告するのはいつ頃?

私のような在宅ワーカーであれば、好きな時に妊娠して自由に子どもを産んだとしても、いわゆる上司や同僚と呼ばれる皆さんに迷惑をかける心配はゼロ!実に気楽なものです。

しかし、これが会社勤めをしている一般的な勤め人の場合だと、そうはいきません。

仮に出産間際まで働くとしても、つわりや体調不良による欠勤や早退で会社に迷惑をかけることも考えられますし、いずれは出産に備えて仕事を休まなくてはいけなくなります。

そんな時に、働く女性の味方となってくれるのが、“産休(産前・産後休業)”や“育休(育児休業)”と呼ばれる制度です。

■産休(産前・産後休業)

ikukyuu-shinsei-2

申請することにより、出産予定日前6週間(多胎のときは14週間)と、産後8週間に渡って取得することができます。

また、産後6週間を過ぎた時点で女性が再び職場への復帰を希望した場合は、医師の承諾を得た後、再び就業可能となります。

■育休(育児休業)

ikukyuu-shinsei-3

産後休業を終えた後、子どもが1歳の誕生日を迎える前日まで取得することができます。

特別な事情(保育園に入れない等)がある場合は延長可能で、認められると子どもが1歳6ヶ月になる日まで取得が可能です。

こうした休業制度を利用するにあたり、会社への申請時期に決まりはありません。

しかし、社員が育休・産休を取得することになれば、職場では当然人員の配置換えや補充といった処置が必要になるため、会社側への負担と自身の体調を考慮しながらなるべく早く報告するように心掛けましょう。

タイミングとしては、一般的に流産の可能性が低くなる10週を目安に、上司へ報告するケースが多いようです。

その際には、「出産予定日」「産休の日程」「育休取得の希望」などの情報も合わせて伝えましょう。

それでも辛い体調不良の乗り切る仕事術

働く妊婦さんにとって一番つらいのは、つわりを中心とした体調不良へ対処だと思います。

中でも、つわりからくる眠気や吐き気などは、特に厄介な部類に入るはず。

仕事中の眠気や吐き気に対しては、個々に対策を立てることで乗り切りましょう。

ikukyuu-shinsei-4
  • キャンデーで眠気を抑える
  • 気分のリフレッシュになる仕事を積極的に引き受ける
  • 空腹時の吐き気に備え、バッグにひと口サイズのチョコレートなどを常備させておく
  • マスクを持ち歩き、気になるニオイをシャットアウト
  • 休憩時間には楽な姿勢で体をいたわる
  • 休憩時間を延長させたり、回数を増やしてもらう

こうした対策の中には、個人の判断だけではなく、周囲の人間の協力が必要になるケースもあります。

特に、妊婦さんの休憩時間の拡大(延長)に関しては法律で認められている事項ですので、どうしてもつらい場合は無理せず上司に相談するようにしてください。

他にも、病院(産院)で貰える「母性健康管理指導項連絡カード」と呼ばれるものを利用して労働時間の短縮を図ったり、通院休暇などを取得するのも、ひとつの方法です。

申請するには、「勤務状況の緩和や休憩に関する処置が必要」という旨の指導を、医師からカードに記入してもらう必要があります。

詳細はお住まいの地域によって異なりますので、先ずは各自治体に問い合わせてみましょう。

優子が働くママを選んだ理由

“グータラ主婦”とはうたいながら、現在私も働くママのひとりです。

自宅で仕事をしている在宅ワーカーなので、周囲に気を使うこともなく仕事ができています。

(唯一気を使うのは、とぉくんの「ママ…あそぼ…」と言われたときの断り文句くらい)

私は収入面のためにも働いていますが、それ以上に仕事が好きなんですよね。

よく、職場復帰するママさんが「社会に置いて行かれるのがいやだから」と言いますが、私に関してはそうした気持ちなど微塵もなく、「どうぞどうぞ、私はマイペースにいきますので置いていってください」という感じ。

私は、幼少期から「研究」や「勉強」が大好きなんですよ。

しかも、小学生や中学生が学ぶような勉強ではななく、自分の中の「なんで?」を解決したいがために勉強していました。

例えばなのですが、

中学生の歴史問題

Q本能寺の変で織田信長を倒した人物は?

「…本当に明智光秀なの?…信長が死んで一番得をした人物は誰だろう…光秀よりもアイツだよなぁ」

「いや、そもそも信長ほどの男が、黙って焼き討ちされている最中に諦めて自害するだろうか…もしかして信長は生きていた…?」

「おかしい、全ておかしい。教科書なんてアテにならない!真実を調べたい!」

「本能寺に関する資料を探しに行こう!」

小学生の道徳の問題

Qお友達が泣いていたらどうしますか?

「泣くにも色々な心理状態がある…なぐさめてほしいタイプと、放っておいてほしいタイプ。これを見極めるにはどうしたら良いのだろう?それがこの問題の本当の問いなのかもしれない」

「一には同じ行動であっても求める欲求が違うことがある…この間、両親の夫婦ケンカで泣いていた母親をはげしましに行ったら「向こうに行きなさい!」って叱られたよなぁ…そもそも涙はどうして出るの?医学書を探しに行かなければ」

こういった性格をこじらせてしまったため、今も勉強が必須な職業(翻訳家)をしているというわけです。

私みたいな妊婦さん…他にもいらっしゃいませんか?