圧倒的使いやすさの自動車!子育てママにおすすめのコンパクトカーは?

皆さん、こんにちは!

道産子グータラ主婦の“優子”です!

さて、今や“一家に一台”…地域によっては“一家に二台”が当たり前となったもの…と言えば、“車”ですよね。

私が住んでいる北海道ともなれば、車は日常の足としてどこへ行くにも欠かすことができない生活必需品。

そのため、「家族の中に子どもが1人増える」というような場合には、それに合わせて車を購入する、もしくは買い換えるなどの選択をする人も少なくありません。

そして、そんな時に多くの家庭で重要視されるもの…何かおわかりになりますか?

それは、“ママの意見”です。

日中仕事で家を空けているパパに比べると、普段子どもを乗せてハンドルを握る機会はママの方が圧倒的に多いため、ママにとって使いやすい・運転しやすい車が優先的に選ばれる傾向にあります。

そこで今回は、子育てママさんにおすすめしたい、人気のコンパクトカーについて触れてみたいと思います!

キーワードは“コンパクト+スライドドア”

一般的に、子育てママさんの間で人気が高い車の条件としては、

  1. 大きすぎず小さすぎないコンパクトタイプ
  2. 乗り降りに便利なスライドドアを採用している

という2点が挙げられます。

そこで、私なりに調べてみました。

2016年3月現在、各自動車メーカーから発売されているスライドドアを採用したコンパクトカーは、全6車種のようです(情報漏れがあった場合はすみません!)

✔ソリオ(スズキ)

✔デリカD:2(三菱)

✔ポルテ(トヨタ)

✔スペイド(トヨタ)

✔シエンタ(トヨタ)

✔フリード(ホンダ)

コンパクトカーといえど近年は装備の充実化が進み、以前とは比べ物にならないほど快適な使い勝手と乗り心地、そして室内空間を手に入れた車種がほとんど。

スズキのソリオをはじめ、最近はハイブリッド仕様車も登場するなど、手の届きやすい価格帯とも相まってコンパクトカーの人気はますます高まっています。

そんな中、上記6車種の中でも私が個人的におすすめしたいのが、トヨタの“ポルテ”です!

と言うのも、実は私の姉がポルテを所有している関係で、普段から私も同乗する機会が多く、その使い勝手の良さは身をもって体感済み。

そのため私も、「ポルテだったら自分も乗りたい!」とさえ思っているほどなのです。

そこで、先ずは「ポルテってどんな車?」という疑問に対し、実はかなりのカーオンチである私が、一生懸命お答えさせて頂きますね。

トヨタのポルテはこんな車!

トヨタのポルテは『Smart Life Supporter』をコンセプトに、2004年7月に初代モデルが発売された2ボックス3ドアのハイトワゴンで、同社の“ラウム”に続くユニバーサルデザインの第2弾となるモデル。

運転席は標準的なヒンジ式ドアでありながら、助手席側にはフロントとリアが一体となった大口径の電動スライドドアを採用した、革新的なパッケージングが最大の特徴になっています。

フロア地条高が300mmと低く設けられているため、スライドドアの広々とした間口と相まって抜群の乗降性を実現させているのも、高い人気のポイント。

気になる主なスペック概要は、以下の通りです。

 

現行モデル:Gグレード(1.5L・2WD)

  • 最小回転半径:5.0m
  • 燃費(JC08モード):22.2km/L
  • 総排気量:1.5L
  • 使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
  • 最高出力(ネット・kW(PS)/r.p.m.):80(109)/6,000
  • 最大トルク(ネットN・m(kgf・m)/r.p.m.):136(13.9)/4,400
  • 全長:3995mm
  • 全幅:1695mm
  • 全高:1690mm
  • 乗車定員:5名

ポルテのプラスポイント

・スライドドアの開口幅は1022mmと、コンパクトカートップクラスの余裕を確保

(赤ちゃんを抱っこしての乗り降りはもちろん、ベビーカーや自転車などの積載も楽々)

mamakuruma-2

・低床、低重心設計のため乗り降りがしやすい

mamakuruma-3

・室内高が高いため開放感に優れる

mamakuruma-4

・全長、全幅、ホイールバランスが良いため、取り回しが抜群

・車重に対する排気量に余裕があるので、加速でもたつくことがない

・女性受けする可愛いデザイン

ポルテのマイナスポイント

・スライドドアが採用されているのは、助手席側のみ

・後部座席を倒すと荷室に段差が生じるためフラットにならない

余談ですが、“ポルテ”にはフランス語で「扉」という意味があるそうです。

ポルテは価格も魅力のひとつ

2015年7月から発売されている現行モデルには、「G」「F」「Y」「X」「V」という5つのグレードが用意されており、それぞれのメーカー希望小売価格は以下のようになっています。

  • 「G」 1,861,527円
  • 「F」 1,758,437円
  • 「Y」 1,769,237円
  • 「X」 1,707,382円
  • 「V」 1,635,709円

160万円~180万円台という比較的手が届きやすい価格帯も、ポルテが持つ大きな魅力のひとつ。

ファミリーカーとして選ぶ家族が多いのも納得できます。

また、ポルテはトヨタを代表する人気のコンパクトカーですので、市場には多くの台数が流通しています。

そのため中古車の玉数も多く、今なら手頃な価格で購入することが十分に可能です。

資金的な面で購入に躊躇いを感じているのであれば、中古車という選択も全然アリだと私は思いますよ!

トヨタには“T-UP(ティーアップ)”という、国内最大規模のメーカー系中古車販売店が全国に存在しますので、「中古車は買ったあとのことが心配…」という方はそちらを利用すると安心です。

では最後に…

ポルテのオーナーでありながら1児のママでもある私の姉が語った、ママ目線でのポルテの使い勝手に関するリアルな声をお届けしたいと思います。

「ポルテはドアが大きく開くから、子どもが小さい時は乗り降りさせるのが本当に楽!でも、欲を言えば反対側(運転席側)にもスライドドアがあればいいのにな…って思うことは時々あるかな」

…とのことです。

確かに、電動スライドドアは左右の両方にあった方が便利ですよね。

次期ポルテでは、その点が改良されることに期待しましょう。

頼みますよ!トヨタさん!