妊娠初期の出血~心配のない症状とトラブルに成り得る症状

皆さん、こんにちは!

道産子グータラ主婦の“優子”です!

さて、女性は妊娠すると、特に妊娠初期の頃は子宮の粘膜が充血しやすいため、ほんの少しのことでも出血しやすくなるものです。

多くの場合は「問題のない出血」ですので、重大なトラブルになることはほとんどありません。

※もちろん例外もあります

基本的に、妊娠・出産系の書籍やネット情報には、「出血があった場合はすぐに病院に行きましょう」と書いてありますが、私が二回目の妊婦健診の時に看護師さんに言われたことは以下のような内容です。

  • 妊娠初期は出血がしやすいので、過度な心配は不要
  • しかし、出血があった場合はソファに腰をかけるのではなく、横になって安静にすること
  • 生理以上のような大量出血や腹部に強い痛みを感じるときは夜間でも受診すること

もちろん、病院に行くことが一番の安心感を得ることができますが、ほとんどの場合は「問題のない出血」ですので、過度な心配はしないでくださいね。

あまり心配しなくても良い出血

■子宮膣部びらん

syoki-syuketu1

《子宮膣部びらんとは》

子宮の入口部分(膣の奥)がただれている状態です。

妊婦だけではなく、女性特有の不正出血の一つで、産科での内診や性行為の刺激で出血することが多々あります。

お腹の張りなどがないのが特徴で、おりものに少量の血が混じることもあります。

ほとんどの場合が生理的なものですので、心配ありませんが、気になる場合は産婦人科で受診したほうが安心できると思います。

■月経様出血(げっけいようしゅっけつ)※着床時出血

syoki-syuketu2

《月経様出血(着床時出血)とは》

いわゆる『着床出血』と呼ばれるもので、医学的には『月経様出血』といいます。

妊娠4週ごろ(本来の生理予定日ごろ)に出血することがあります。

※着床出血は誰もが経験するものではありませんが、出血があっても心配はありません

月経様出血は、妊娠している状態でもホルモンが妊娠前と同じく働くことにより起こる出血です。

胎盤が作られる過程で、血管が絨毛膜に入り込むことで少ない出血が起こります。

生理と比べると、出血量は少なく2~3日間程度で治まることが多いので、心配ありません。

■絨毛膜下血腫(じゅうもうまくかけっしゅ)

syoki-syuketu3

《絨毛膜下血腫とは》

驚いてしまうかもしれませんが、妊娠5週~20週に症状が出やすい「切迫流産」の症状の一つです。

子宮を包み込んでいる絨毛膜の外側部分に血液がたまってしまう症状です。

お腹の張りがあるケースと、自覚症状のないケースがありますが、下腹部の痛みや出血が多い場合は産婦人科にて受診してください。

出血量が多い場合は、絶対安静を指示されることがありますが、切迫流産と診断されても出血量が少ない場合や妊娠状態に問題がない場合は、特別な治療は必要ありません。

気になる赤ちゃんへの影響ですが、正常な妊娠でしたら胎盤が完成される妊娠4ヶ月~5ヶ月には症状が治まる場合がほとんどですので、赤ちゃんへの悪影響はありません。

【少し気になる出血】

■子宮頸官ポリープ

妊娠4週~20週ごろに、子宮頸部の粘膜の細胞の炎症により良性のポリープから出血する場合があります。

痛みがなく無症状であることが多いです。

しかし、ポリープの炎症状態が酷く、感染症を引き起こし絨毛膜羊膜炎の原因となってしまう場合は、妊娠中であっても切除することがあります。

ポリープはいくら良性であっても感染症が引き金となって早産を引き起こしてしまう危険性があります。

ポリープの位置や大きさによって異なりますが、切除することにより胎児への影響はほとんどありません。

《ポリープの治療法》

医師の判断によっては、妊娠の週数により、切除を遅らせる場合があります。

基本的には、赤ちゃんへの影響を考え妊娠中のポリープ切除は麻酔なしで行うことがほとんどです。

噂によると、かなりの激痛だそう…

電気メスを使用して切除しますが、手術時間は約30分程度。

あまりにも痛みが強い場合は、局部麻酔してくれる場合もあります。

ポリープは出産経験のある女性に多いと言われています。

中には、ポリープが大きく自覚症状がないため腐ってしまっていることもあり、その場合は切除は回避できないでしょう。

切除した後に病理検査で悪性なのか良性なのかを調べることになりますが、悪性であっても癌になることはほぼないということです。

気になるお腹の赤ちゃんの成長

妊娠初期は色々と心配事がありますので、少しだけ赤ちゃんの成長のについてご説明させて頂きますね。

実は、今までお腹の赤ちゃんのことをわかりやすく「胎児」という言い方をしていますが、正式に言いますと、妊娠初期(7週ごろ)の赤ちゃんは「胎芽」と呼びます。

妊娠9週までは「胎芽」と呼び、妊娠10週からは「胎児」という呼び方になります。

ちなみに、あくまでも平均的ですが、妊娠7週頃の赤ちゃんは頭殿長が約12mm、体重が約4gです。

目安としては、さくらんぼ一個の重さでまだ二頭身です。

syoki-syuketu4

この頃の赤ちゃんは、急激に心臓や中枢神経、そして手や足などの器官が発達する器官形成期にあたります。

出血がある場合は、絶対に無理をせずにソファやベッドに横になり安静にしていてください。

気になる出血の場合は夜間であっても受診することをためらわず、医師の治療を受けてくださいね。

あとは私の経験上なのですが、心配事があると今の時代インターネットで調べたりしますよね。

質問系のサイトで質問することもあると思います。

その中で必ずと言っていいほど見かけるのが、こうした意見の数々です。

  • 「こんな所で質問してる暇あったら病院行けば?赤ちゃんのこと軽く考えてない?」
  • 「自分でググったらいいのに甘えすぎ」
  • 「世間体を気にするなんて母親失格」

親切な回答もある中、「わからないから経験者に質問してるのに…」と落ち込んでしまうことがありますよね。

私の個人的な意見で申し訳ありませんが、こういう回答ってなんっか意地悪ですよね。

本来質問系のサイトというのは、「回答」してもらうもの。

優しく回答してくださった方には後日にでも報告とお礼をして、意地悪な回答は気にせず、相手にしないほうが得策です。

それでなくても妊娠中は情緒不安定になりやすいので、赤の他人の言葉でも傷ついてしまうもの。

ストレスを回避するためにも意地悪な回答は気にせず、優しい回答者さんの意見を参考にしてくださいね。