妊娠中の妊婦に蜂蜜は厳禁なんかじゃない!~美味しいはちみつレシピ

皆さん、こんにちは!

道産子グータラ主婦の“優子”です!

さて、妊娠中は食生活にも非常に気を使うものですよね。

ママの栄養は、そのまま赤ちゃんの栄養にもなりますので、食品の影響が気になってしまうのも愛情でしょう。

しかし、誤った知識を鵜呑みにしてしまうと、せっかくの栄養素を摂取できないという事態になってしまいます。

今回は、そうした食材のひとつである『蜂蜜』にスポットを当ててみたいと思います!

妊婦に蜂蜜が良くないとされる噂の真相

確かに蜂蜜には、ボツリヌス菌という食中毒を起こす菌が含まれていますので、一歳児未満のお子さんは食べることができません。

しかしこれは、一歳児未満のお子さんはまだ腸内が発達しておらず、抵抗力も低いため、厚生労働省から摂取を控えるよう呼びかけられているに過ぎず、ボツリヌス菌が腸内で生存できない大人の場合は、蜂蜜を摂取しても問題ありません。

また、蜂蜜は蜂が花から蜜を集めたものですので、農薬が気になるところですが、蜂は私たちが思っているよりも賢く、農薬が含まれている蜜を集めたりはしませんので、その点はご安心ください。

ただし、蜂蜜アレルギーを持っている方や、重大な消化器官の損傷などがある場合は摂取を控えてくださいね。

ちなみに、蜂蜜の成分が直接赤ちゃんに影響することはありませんし、

授乳中の方でも蜂蜜を摂取したからと言って、母乳を通して赤ちゃんに影響するという心配もありませんよ!

蜂蜜の栄養素~カルシウム不足による弊害

蜂蜜は妊婦にとって不足しがちな「カルシウム」が多く含まれる食品です。

これは私が第1子を出産後のことなのですが、明らかにカルシウムが不足していたせいか歯がボロボロになりました。

まず、何もしていないのにも関わらず突然前歯が欠け、見た目も薄くなり、その上息子の“とぉくん”の頭突きによって前歯にヒビが入り、大嫌いな歯医者に行くことを余儀なくされました。

母体(大人)が歯医者に行くのはまだ良いのですが、カルシウム不足はお腹の中にいる赤ちゃんの骨格にも悪影響を及ぼすことがあります。

是非カルシウムは積極的に摂取して、健やかな赤ちゃんを産みましょうね!

ちなみに、我が家の“とぉくん”は医者も驚くほどの筋肉質と骨格だったのが幸いでした。

きっと私の中のカルシウムを上手に摂取してくれていたのでしょう…ありがたいことです。

医者によっては「砂糖を食べるくらいなら蜂蜜が良い」としている医師もいるくらいですので、日々の食生活の調味料を砂糖から蜂蜜に切り替えるのも、意味のないことではありません。

 

成人に必要だとされているカルシウムの理想摂取量は、1日に約600mg。

しかし、妊婦のようにたくさんの栄養素が必要な場合は、1日に1000mg~1500mgのカルシウムの摂取が望ましいとされています。

 

でも、ほとんどの場合が通常の食事では、300mg程度のカルシウムしか摂取できないでしょう。

こういった場合にもおすすめなのが葉酸サプリです。

例えば、私が飲んでいる『ママニック葉酸サプリ』には、1日あたりのカルシウムが250mg入っていますので、毎日の食事で不足しがちな分を補ってくれています。

hathimitu-1

サプリは「サプリのみに頼る」という品物ではありませんので、過剰摂取は絶対に控えてください。

あくまでも補助食品ということを忘れないでくださいね。

悪阻での胃のムカムカや吐き気にはトマトの蜂蜜漬けが効果的!

hathimitu-2

私も現在、朝起きてすぐに悪阻が始まってしまうという、過酷な妊娠周期に入ってしまっています。

起き抜けの悪阻ほどテンションが下がることってないですよね…

でも、私はこの「起き抜け悪阻」をトマトの蜂蜜漬けで簡単に解消することができたのです。

トマトに含まれるリンゴ酸やクエン酸が、胃のムカムカを抑えてくれる効果がありますし、トマト独自の酸味も妊娠中は好みという方が非常に多いようです。

もちろん、個人差はあるものですが、一度はチャレンジして頂きたい一品!

作り方も非常に簡単ですよ!

《材料》

  • プチトマト(12個~15個)
  • 蜂蜜(大さじ1)

《作り方》

1:プチトマトのヘタ部分を取って、綺麗に流水で洗う

2:ヘタ部分のあった場所の反対側に包丁やナイフで浅く切れ目を入れる

hathimitu-3

3:沸騰したお湯に、トマトを1分~2分間ほど湯通しする

hathimitu-4

4:水切りボウルに煮だったトマトを入れる

5:流水を少し流しながらトマトの皮を剥く(簡単に剥くことができます)

hathimitu-5

6:容器に皮を剥いたトマトを入れる

7:その中に蜂蜜を大さじ1入れて少し時間を置く

hathimitu-6

すぐに食べても美味しいですが、やはり2日~3日冷蔵庫で保管しておくと蜂蜜の味がトマトに浸透してデザートのように食べやすくなります。

起き抜けの悪阻の方も、朝起きて少し経ってから蜂蜜漬けトマトを2~3個くらい食べる習慣をつけていけば、「栄養が足りていないかも」というストレスも少しは軽減されると思います。

 

私は、現在妊娠8週で、まだまだ悪阻の最中。

でも、起き抜けの悪阻が少し落ち着いてからトマトを食べると口の中にほんの少しの甘さと、トマトの酸味がちょうど良く、今では10個くらい食べてしまうことも!笑

間食としても気軽に口へ運べますので、非常に食べやすい一品です!

可愛いビンに入れるとテンションもアップしますよね!

レモンの蜂蜜漬けには驚くべき効果があった!レシピ公開

妊娠中は、体に様々な異変が起こります。

その中に悪阻があり、頻尿があり、情緒不安定な状態が続いてしまったり…とにかく「普段の自分の体とは別物」になってしまいます。

そして、妊娠中の皆さんのほとんどが感じるのが、様々な異変による疲労ですよね。

「疲れが取れない」「疲れやすい」という話はよく聞きます。

そんなときに役に立つのがビタミンCです、

レモンはビタミンCの王様とも呼ばれる食品で、独特のレモンが持つ酸味が悪阻を和らげてくれるという効果もあります。

しかし、レモンをそのまま食べてしまうと、黒目が四方八方にぶっ飛んでしまうほどの衝撃的酸っぱさですので、やはり蜂蜜で美味しくいただきましょう!

hathimitu-7

《材料》

  • レモン(1個)
  • 蜂蜜(お好みで…私はレモンに対し半分以下くらいの量で使用しています)

《作り方》

1:レモンを塩で荒もみし、流水を流して表面のワックスを取る

2:レモンを薄く輪切りにする

hathimitu-8

3:容器に1枚レモンを入れ、その上に蜂蜜を少しずつかけ、またレモンを乗せていく(繰り返し)

hathimitu-9

簡単に作れますので、疲れやすい妊婦にとっても大助かりですね!

悪阻中も、パクっとひと口でいけるのが魅力的です。

蜂蜜にはデメリットもある?

一つだけデメリットがあるとすれば…

蜂蜜は高級品ということでしょうか。

小さな容器なのに800円以上もする…なんて、通常の主婦ではなかなか手が出せないものです。

しかし、自分のため・赤ちゃんのためと思い、上手に買物・調理していきたいと思います!