優子一家の”札幌プチ旅行記5”~マタニティ衣類専門店『ママ屋』さんに突撃取材!

今回の札幌旅行で、本当に素敵な出会いがありましたのでご紹介させてください。

マタニティ衣類をバースディでワンセットのみ購入した私は、やはり普段着る洋服が足りなく、札幌市内に良いお店がないかとスマホで検索。

すると、感じの良さそうなマタニティ衣類専門店が手稲区にありましたので、夫に運転を頼み連れて行ってもらうことに。

 

リーズナブルでオシャレ!店長さんのこだわりのお店“ママ屋”さんに突撃取材!

隠れ家的で家庭的なお店でしたので、コミュ障の私でも入店するときは「ただいま~!」と言ってしまいそうなほどアットホームな雰囲気。

店長の瀬戸しのぶさんは、お話してみるとほんわかした女性です。

mamaya-1

瀬戸さんのこだわりは、「オシャレなマタニティ服を1円でも安く売りたい!」というもの。

それは、瀬戸さんご自身の体験からきていました。

瀬戸さんが妊娠したときに、西松屋など大手のマタニティアイテム店に「自分の着たいと思う洋服がなかったから」だそう。

オシャレなマタニティ服を安値で販売したい…そんな想いが込められたお店だったのです。

 

瀬戸さん曰く、「マタニティ服は一時的に着るものなので、とにかく価格を安く抑えて、尚且つ大手のマタニティ衣類店にないようなデザインを販売したい」とのこと。

mamaya-2

店内を見渡してみると、なるほど…オシャレなアイテムがリーズナブルなお値段で販売されていました。

 

妊娠中の“オシャレ”を学ばせてもらったママ屋さん

私が感じたのは、とにかく一つ一つの洋服が可愛い!ということです。

普段は、パジャマ族でジャージ愛好家の私ですが、ママ屋さんに来てオシャレの楽しさを学ぶことができました!

 

共同経営していらっしゃる瀬戸さんのご主人も、お人柄の良さが伝わってくるような温かみのある男性でした。

 

ご主人「ほそぼそでいいんです。まずは自分たちが気に入ったものを売りたい」

 

本当に仲の良さそうなご夫婦で、私まで温かい気持ちになりました。

今度お邪魔するときは「ただいま~」と言ってみようかな?

普通に「おかえり~!」と言ってくれそうなご夫婦でした。

 

それでは…ママ屋さんで買ったマタニティ服ショーのはじまり!

無事、家路についた私たち。

 

早速ママ屋さんで購入したマタニティ服を着てみることにしました。

瀬戸さんご夫婦のセンスが光る洋服ばかり!

 

まずは、こちらのキャミソール。

mamaya-3

ブラジャーをつけなくても、胸にパットが入っているので、真夏でもそのままキャミソールとして着ることが可能。

もちろん、産後に授乳がそのままできるようにホックで胸が開く仕組みになっています。

無地ですので、どんな洋服にも合うのがお気に入り!

お値段は1380円。

お値段的にもお気に入りです!

 

 

さて、お次はラフなファッション衣類。

mamaya-4

お値段は上下合わせて5460円。

(瀬戸さん赤字じゃないですか~??)

本当にリーズナブルなお値段でオシャレを楽しむことができます。

このファッションだと、ちょっとしたお買物やお出かけにピッタリですね!

 

そしてそして!

最後に、私の一番のお気に入りの洋服です!

mamaya-5

ママ友との食事や、私が好きでよく行っている音楽コンサートなどにピッタリの洋服です!

こちらは、上下合わせて5400円。

こんなにオシャレなのにトータル1万円もせずに購入できるのが魅力。

ママ屋さんは、この世の妊婦の味方…そんな印象を受けました。

 

ちなみに、こちらの洋服も産後も着られるようにと、授乳用に胸が開く仕組みになっています。

mamaya-6

スカートもお腹周りがゆったりしていますので、着ていても全然苦しくありません!

mamaya-7

ママ屋さんは、こういう細かい部分にも目を光らせ日々私たち妊婦のために仕入れをしてくださっているのだなぁ…と実感しました。

 

ママ屋さんと出会い…こんな言葉を思い出しました

今やママタレとして大人気の藤本美貴(ミキティ)さん。

ミキティは、自身のブログにこう綴っていました。

(ちなみにミキティは、現在二人目を妊娠中・…勝手に親近感を覚えてしまいます笑)

 

「ヒールは履けないけど、妊婦だからって(オシャレを)あきらめたくない」

 

実は、私はママ屋さんと出会うまで、この言葉にピンときていなかったんです。

「妊娠中だからこそラクな格好したいものでしょう?」

妊娠していなくても万年ジャージ女のくせに、妙に批判的な気持ちがあったのです。

 

でも、ママ屋さんのマタニティ服はどれも「素敵!欲しい!」と思うセンス抜群のものばかり。

ファッションオンチな私の心を簡単にコロリと変化させてくれたのです。

しかも、どの洋服もママ屋さんの信念である「1円でも安く売りたい」という気持ちがストレートに伝わってくるお値段。

一般主婦の私でも、十分に手の届くお値段で購入できますし、そのリーズナブルなお値段のお洋服を「値段を気にせずに選ぶ」ということができるんです。

 

店長の瀬戸さんの妊娠中の実体験が活かされている本当に素敵なお店でした。

 

今ならミキティの言った「あきらめたくない」という言葉の意味がわかるような気がします。

妊婦だってひとりの女。

妻であっても母であっても、女性ならいつも輝いていたいものですよね。

今まで『あきらめていた自分』に反省。

 

皆さん、札幌にお越しの際には是非ママ屋さんに行ってみてください!

特に私のようにオシャレを諦めてしまっている妊婦さんにはオススメです。

ママ屋さんには通販サイトもありますので、札幌に行かなくても洋服を購入することは可能。

しかも送料無料ですので、お得です!

 

 

ママ屋さんの瀬戸さんご夫婦様、取材協力誠にありがとうございました!

突然の出会いなのに、快く取材を受けてくださったことに感謝いたします!

また会いに行きますね♪

そのときは、「ただいま~」と言わせてください(笑)

本当にそんな風に思えるほどお店の雰囲気も、ママ屋さんの瀬戸さんご夫婦もあたたかいお人柄でした。

【マタニティセレクトショップ ママ屋】

  • 所在地:札幌市手稲区新発寒6条4丁目10番6号
  • 電話番号:(011)699-6600
  • FAX:(011)699-5948
  • 通販サイト:http://www.rakuten.co.jp/mamaya/(全国送料無料)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です